洗顔石鹸の種類と選び方

正しい洗顔石鹸の使い方

同じ洗顔石鹸でも使い方によって効果は代わりますから、正しい使い方を知ることが必要です。清潔で健康的な肌を保つことが必要となるのです。洗顔を行う目的はメイクを落としたり、古い角質を落としたり、あるいはばい菌を洗い流したりすることです。

 

まずヘアバンドなどで髪をまとめます。邪魔にならないという事も理由の一つですし、きれいになった肌に汚れがつかないようにするという理由もあります。そして、手を洗います。せっかくきれいな泡ができたとしても、手についた汚れが付着すると、汚れを塗り込んでいるようなものですから、まず手をきれいに洗うことが必要なのです。

 

次に十分に泡立てます。弾力のあるきめ細かい泡を作ることで洗浄効果も高まりますし、マッサージ効果も得られます。手で泡立てるのが苦手だという人なら、泡立てネットを使ってきれいに泡立てるのも良い方法だと言えるでしょう。

 

泡を顔につけてからは、こするのではなくてマッサージをする感覚で行うのが良いです。脂分の多いTゾーンから洗顔を行い、そして頬を洗顔します。その後に目元や口元を洗顔するという順がベストです。洗い終わった後は、洗顔石鹸が残らないように十分にすすぎましょう。